脳脊髄液減少症のブログ~なにくそ闘病日記

脳脊髄液減少症による症状と経過~自己流リハビリの過程を記録しています

教諭の暴力で脳脊髄液減少症(漏出症)発症 中津東高柔道部員、大分県に賠償求める 

 


  先月ご紹介したニュースにて中津東高校3年の男子生徒(17)が

  柔道部の練習中に顧問教諭(62)=当時=から

  殴られるなどして脳脊髄(せきずい)液漏出症になったとして、

  損害賠償を求める訴えを大分地裁中津支部に起こしました


  提訴「教諭の暴力で被害」中津東高柔道部員、県に賠償求め/大分

  会員限定有料記事 毎日新聞2017年4月22日

  http://mainichi.jp/articles/20170422/ddl/k44/040/315000c


  中津市の県立中津東高校3年の男子生徒(17)が21日、

  柔道部の練習中に顧問教諭(62)=当時=から

  殴られるなどして脳脊髄(せきずい)液漏出症になったとして、県を相手取り、

  2392万円の損害賠償を求める訴えを大分地裁中津支部に起こした。


  訴状によると、男子生徒は2年生だった2016年7月21日、

  柔道部の練習に参加した。顧問から乱取りの稽古(けいこ)をつけてもらっていた際、

  顧問の奥襟を取ろうと~

  続きはhttp://mainichi.jp/articles/20170422/ddl/k44/040/315000cにてログインしてお読み下さい

  誠に申し訳ございません



「脳脊髄液減少症」の周知の為にクリックをして頂けましたら幸いです★                      
                  

にほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へにほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へにほんブログ村 病気ブログ 原因不明の病気へブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
脳脊髄液減少症関連ニュースの関連記事

category: 脳脊髄液減少症関連ニュース

tb: --   cm: --

△top

柔道部の練習中に元顧問が平手打ち(体罰)で脳脊髄液減少症(漏出症)発症 

 


 (大分)柔道部の練習中に元顧問が平手打ち 中津東高

  朝日新聞デジタル2017年3月30日
  http://www.asahi.com/articles/ASK3Y3WFBK3YTPJB008.html


  中津市の中津東高校で昨年7月、当時柔道部の顧問をしていた男性教諭(当時61)が、

  2年生の男子生徒(当時16)の頰を平手で数回たたいていたことが29日わかった。

  生徒は頸椎(けいつい)をねんざするなどのけがをしたといい、

  中津署が傷害事件の可能性もあるとみて捜査している。


  県教委によると、7月21日午前10時半ごろ、

  同校の柔剣道場で柔道部の乱取り稽古中、生徒のこぶしが教諭の左頭部に当たり、

  教諭が右手で生徒の左頰を2、3回たたいたという。

  生徒は翌日、頭痛を訴え市内の病院を受診。

  8月には頸椎ねんざなどと診断され、約1カ月入院した。

  9月に脳脊髄(せきずい)液漏出症、中心性頸髄(けいずい)損傷と診断され、

  2月現在も通院しているという。


  学校側は生徒と保護者に謝罪し、教諭を柔道部顧問から解任した。

  教諭は体罰について「申し訳ない」と話しているという。

  県教委は体罰とみており、

  「警察の捜査結果を踏まえて教諭の処分を検討したい」としている。(興野優平)



「脳脊髄液減少症」の周知の為にクリックをして頂けましたら幸いです★                      
                  

にほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へにほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へにほんブログ村 病気ブログ 原因不明の病気へブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
脳脊髄液減少症関連ニュースの関連記事

category: 脳脊髄液減少症関連ニュース

tb: --   cm: --

△top

睡眠薬や抗不安薬44種類「規定量で薬物依存の恐れ」厚生労働省注意喚起 

 


  朝日新聞デジタル 2017年3月21日

  http://www.asahi.com/articles/ASK3P5JYPK3PULBJ00X.html


  睡眠薬や抗不安薬、抗てんかん薬として処方される

  「ベンゾジアゼピン(BZ)系」という薬などについて、

  規定量でも薬物依存に陥る恐れがあるので長期使用を避けることなどを明記するよう、

  厚生労働省は21日、日本製薬団体連合会などに対し、

  使用上の注意の改訂を指示し、医療関係者らに注意を呼びかけた。


  対象はエチゾラムやアルプラゾラムなど44種類の薬。

  BZ系薬は短期の使用では高い効果を得られるが、

  薬をやめられない依存性や、やめたときに不安、不眠などの離脱症状が生じることがあるとされる。


  日本では広く使われているが、欧米では処方が控えられ、長期的な使用も制限されている。

  厚労省は、

  「承認用量の範囲内でも、薬物依存が生じる。漫然とした継続投与による長期使用を避けること」

  「投与を中止する場合には、徐々に減量するなど慎重に行うこと」

  などと使用上の注意に明記することを求めている。 (黒田壮吉)



「脳脊髄液減少症」の周知の為にクリックをして頂けましたら幸いです★                      
                  

にほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へにほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へにほんブログ村 病気ブログ 原因不明の病気へブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
医薬品・健康食品関連ニュースの関連記事

category: 医薬品・健康食品関連ニュース

tb: --   cm: --

△top